PRIVACY POLICY

お客様各位
私どもミクニグループは、個人情報保護の方針を以下の通り定め、これを「ミクニグループ個人情報保護指針」として、宣言いたします。
福岡県北九州市小倉北区紺屋町12番4号(個人情報取扱事業者) 株式会社 ミク二

基本方針

私どもミクニグループは、お客様の個人情報の重要性を認識し、個人情報の保護に関する法令および社内規定を、すべての役員・従業員が遵守することにより、個人情報の適正な取扱いと、安全かつ確実な管理・運営に万全を尽くしております。また継続的な見直しを実施して、個人情報保護の一層の改善・向上に努めております。

個人情報の取得・利用・提供

個人情報の取得は、適正な手段によって行うとともに、利用目的の公表、通知、明示等を行い、ご本人の同意なく、利用目的の範囲を超えた個人情報のお取扱いはいたしません。また、個人情報を第三者に提供・開示等する場合は、法令の定める手続きに則って行います。

個人情報を利用する目的

お客様の個人情報を以下の目的に利用いたします。

  1. ① 不動産の売買・賃貸、それらの代理・仲介、管理その他付帯する事業
  2. ② 保険媒介代理事業
  3. ③ 時間貸駐車場その他の駐車場事業
  4. ④ 上記の事業に関して、郵便物・電子メール・電話等による勧誘・連絡、訪問等の営業活動、顧客動向分析または商品・営業手法開発等の調査分析
  5. ⑤ 生活・住環境・レジャーに関連する商品サービス等の情報提供
  6. ⑥ 上記①、③の目的の達成に必要な範囲での、個人情報の第三者への提供

個人情報の第三者への提供

お客様の個人情報は、法令の規定に基づく場合のほか、上記利用目的の達成に必要な範囲で、
書面・郵便物・電話・インターネット・電子メール・広告媒体等で第三者に提供されることがあります。
なお、ご本人からの申し出により、相手先への提供は停止いたします。

  1. ① 個人情報を提供する相手先(例示)
    1. (1)不動産売買・賃貸の仲介における契約相手方となる者、その見込者
    2. (2)他の宅地建物取引業者、インターネット広告掲載業者・団体
    3. (3)指定流通機構(物件登録、成約通知および同機構のデータを利用しての営業、価格査定等の実施)
    4. (4)新規物件の販売における事業主・共同代理会社・媒介会社
    5. (5)不動産売買・賃貸の仲介におけるお客様を紹介した新規物件の事業主代理会社・媒体会社等
    6. (6)不動産取引の付帯業務における金融機関、司法書士、土地家屋調査士、不動産管理業者、賃貸保証会社
    7. (7)月極駐車場の契約相手方となる者、その見込者、他の宅地建物取引業者
  2. ② 提供される個人情報の項目
    お名前、ご住所、電話番号、物件情報、成約情報等、上記の利用目的に必要な範囲の項目。

個人情報の共同利用

お客様の情報を、ミクニグループで共同して利用いたします。

  1. ① 共同利用するミクニグループ会社(以下のホームページをご覧ください。)
    http://www.mknw.co.jp/outline/#groupcampany
    グループ会社の事業内容その他詳細は各社ホームページ等をご覧ください。
  2. ② 利用目的 上記3記載の個人情報を利用する目的と同様
  3. ③ 共同利用する個人情報の項目
    お名前、ご住所、電話番号、物件情報、成約情報等、上記の利用目的に必要な範囲の項目。
  4. ④ お客様の個人情報をミクニグループ外と共同利用するときには別途必要な処置を講じます。
  5. ⑤ 共同利用の管理責任者 株式会社 ミクニ

個人情報取り扱いの委託

お客様の個人情報について、その取扱いを外部に委託する場合があります。
その場合には、個人情報の保護に十分な措置を講じている者を選定し、委託先に対して必要かつ適切な監督を行い、個人情報の保護の水準を担保いたしております。

お問い合わせ窓口

私お客様の個人情報について、その内容の開示・訂正・利用の停止等のご請求、
その他個人情報に関するご質問、ご意見等のお申し出については、以下のお問合せ窓口にご連絡下さい。

株式会社 ミクニ 経営管理本部

住所
〒802-0081 
北九州市小倉北区紺屋町12番4号
電話
TEL 093-521-0392 /
FAX 093-521-0399

ワールドホールディングス 企業行動基準

ワールドホールディングスは、果たすべき使命と役割を十分に認識し、役員および社員全員が一丸となって企業行動基準を遵守し、日々の業務に取り組んでいきます。そして社会から真に信頼される会社を目指すため、ここに以下の企業行動基準を定めます。

1. 当社の社会的使命

ワールドホールディングスがつなぐ“絆”を通して、人と人とのつながりを大切にした「人が活きるカタチ」を創造し、幅広く社会へ貢献します。

2. 法規、社内規則の遵守

国内外の法規、ルールならびに社内規則を遵守し、政治、行政との健全な関係を保ち、適正かつ健全な経営を行います。また、海外における事業活動においては、国際ルールや現地法律の遵守はもとより、文化、慣習を尊重しその発展に貢献する経営を行います。

3. 企業集団の一員としての自覚と責任

ワールドホールディングス企業集団の一員として自覚と責任をもって行動し、広く社会からの信頼を獲得します。

4. 社会への貢献

自然環境を守り、地球資源を大切にする経営を行うとともに、「良き企業市民」として、積極的に社会貢献活動を行います。

5. 積極的な情報開示

企業情報を積極的かつ公正に開示し、株主はもとより社会から信頼される企業を目指します。
また一般に公正妥当と認められる会計基準に従い、取引や資産状況を正確かつ適正に処理を行い、企業会計の適正性及び透明性、健全性を確保します。

6. 反社会的行為の排除

民社会の秩序や安全を脅かす反社会的勢力および団体とは一切係わりません。

7. 職場環境の確保

従業員の人権、人格を尊重し、働きがいのある職場を提供し、安全で働きやすい職場環境を作りあげます。
賃金、労働時間その他の労働条件並びに採用などの雇用慣行について、強制労働および児童労働の禁止はもとより、従業員の国籍、信条、性別、または社会的身分を理由とする差別的な取扱いは行いません。さらに年齢、障害の有無、民族、婚姻、妊娠、政治的所属、人種、宗教、性的指向、または組合への加入、団体交渉等その他国の法で保護されているいかなる立場によっても差別的な取扱いは行いません。

8. 経営幹部の役割と責任

営幹部は、この基準の精神の実現が自らの役割であることを認識し、率先垂範のうえ、社内に周知徹底し、企業倫理の確立に努めます。この基準に反するような事態が発生したときは、経営幹部自らが問題解決に当たる姿勢を内外に表明し、迅速かつ的確な情報公開を行い、原因究明、再発防止に努めるとともに、自らを含めて厳正な処分を行います。


(付 則)

1. 適用範囲

この行動基準において「ワールドホールディングス」とは株式会社ワールドホールディングスと会社法および会社法施行規則に定める株式会社ワールドホールディングスの子会社、ならびに会社法および会社法施行規則に定める当社の関連会社のうち重要な影響力を行使できる状況にあり、かつ行使すべき会社として株式会社ワールドホールディングスが指定した会社とし、役員および従業員の全員を対象とする。

2. 制定・改定

「ワールドホールディングス企業行動基準」は、株式会社ワールドホールディングスの取締役会にて制定し、子会社、関連会社においては各社の取締役会の決議により発効する。子会社、関連会社においては株式会社ワールドホールディングスの事前承認のもと、各国・各地域の法令・事業形態・規則・慣習などに応じて本行動基準の内容を一部変更することができる。ただし、いかなる場合も株式会社ワールドホールディングスが定める「ワールドホールディングス企業行動基準」に反する内容を定めることはできない。また本行動基準は、社会情勢の変化等により必要が生じた場合には、制定と同様の手続きを経て改定することができる。